Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょせん

ソチニワカ。
まだ、1年ちょっとしか知らない。
だけど、ありとあらゆる動画を見たおし
彼に起きた出来事を調べまくり
古参ファンの苦しみを知り

もはや、生まれたときから見守ってきたと勘違いしてるソチニワカが私を含め星の数ほどいるのです。
でも応援したい気持ちは
先輩に負けないっすよ。
(↑かつてデー○タが叩きまくった羽生さんの台詞)



2012年の全日本が
どんなにあり得ない空間だったのか
実際に見たわけではないので
噂でしか知らないが
証拠として残る、表彰式の動画を見る限り
羽生さんの表情は痛々しい。
「胸を張れ」と必死に自分に言い聞かせているかのように
口元に力を入れているのがわかる。
笑顔はない。



今日、公開されたプレカン音声を聞いて

「僕が勝っても誰も喜ばない」と

スケートをやめたいと思わせる辛い出来事が現実にあったんだと痛感した。


世代交代を受け入れられない。
わかる。うん、わかる。
選手自身が受け入れられないなら
ファンが受け入れるのは
なおさら無理な話。
気持ちはわかるんだよ。
実際、早すぎるジュニア選手への
世代交代の煽りに私はモヤモヤしたから。
マスコミは勝手だ。
ようやく世間に知ってもらえた彼を
もう「終了~」って空気に持ち込むかのような勢いだもん。
でも、でもさ、
ならば大好きな選手を「次は頑張れ!負けるな!」って応援すればいいんだよ。
なんで、相手の選手を攻撃しようとすんだ?


2012年の全日本、、、
あのとき、日本のチャンピオンが新しく生まれた。
だけど、ホームでありながら完全アウェイ、、
1万8000人のうちのほとんどが
当時、高校生だった彼に罵声を浴びせかけブーイング。
それを「最高の雰囲気」だと
選手が発言すれば
アンチの力は加速するわな。

何も知らなくてごめん。
どんなけ傷ついたんだろう、彼は。
しかもいまだに続いてるのだから。

でも、
誹謗中傷でボロボロになっても、
「お前を認めない」という手紙がきても、
彼はお礼の手紙を送ったそうです。
手紙を送った本人が
「お礼の返事が来たよ」とバカにして笑い者にしてる書き込みを見ました。


「どんなことも、「ありがとう」っていう感謝の気持ちがあれば、いつかよいことがやって来ると僕は信じてます」

被災地の中学生に向けられた言葉は
そんな経験を乗り越えたから
言えた言葉なんだろうな。


羽生くんが後輩に優しいのも
「エースなんて肩書きはいらない」ってのも
いつも「ありがとう」って感謝するのも

みんな、自分が傷ついて
乗り越えたから出来ることで、
よく見せようとか
格好つけようとか
そんなの全くないから
こんなにもストレートに心に響くんだと思います。

傷ついた彼に
よきアドバイスをくれたオーサーに感謝。
取り乱さず、傍で見守ってくれた母君に感謝。
挫けず、自分を信じてここまで来た、羽生さんの心の強さに乾杯。










スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

su*

Author:su*
ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。