Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追うもの 追われるもの

やはり追うほうが
いや、追われるほうが
いや、追うほうが



ボーヤンとか
ボーヤンとか
ボーヤンとか
若い世代がガンガンぶつかって来るなかで
彼はどんなふうに壁を越えるのか


たぶん、まだ本当の羽生さんが
解ってないから
こんなに不安になるんかな。
信じるとか信じられないとか
そんな次元じゃなくて


ふふっ
あなたならやるんでしょ。
きっと傷だらけになりながらも
夢を叶えるんでしょ。



ああ、そんな逞しいファンになりたい!
負けて強くなる羽生さんが好きなんだから
負けることも受け入れなければいけない。
だが、負けずにさらに強くなる羽生さんが良いな。
ふふっ
ダメだな。
アスリートのファンになるのは
まじ、大変。



とにもかくにも私は
すんごいプレッシャーに打ち勝つ羽生さんが見たいんだ。
指の隙間から見たいんだ。




「やっぱ、変態。スゴいよ、羽生さん。」



そう呟く自分を感じたいんだ。





すげーよ、羽生さんっっ!(涙)てね。


スポンサーサイト
*CommentList

ポエマー

もはや、羽生日記なのは
吐き出す友達がいないから。

ふっ

寂しすぎねーか?


でも、いいんじゃねーか?
温度差が苦痛になることもある。
発言が嘘にまみれて
だんだん自分が嫌いになった経験があるからさ。




羽生さんを応援してると
ははーん、神様って
相当ツンデレだけど、ってか
ツンツンツンツンデレって感じだけど

いるんですね?
いらっしゃるんですね?


って思います。


か、

神様じゃなくて
心から心から心から
愛してる人たちの気持ちが
もんのすごいパワーになって
神様なみの力を発揮するのかしら?




息してても
息するだけでも
憎くて憎くてしかたない
叩いて叩いて叩いて

ざまーみろ


って気持ちをバンバン投げる人たちに


神様が「だよねー」って
同調するなら
それなりの何かがあるでしょう?
神様が「ちゃうやろ」って思うから
こんなんになるんじゃないのかな?



不器用は不器用なりに
誠実に生きていけば
それに見合う何かがあると信じてる

不誠実で
いい加減で
ズルけりゃ

それなりに。




よく解るよ。それなりだから。





真剣勝負だから
こちらも真剣。


理想を現実にしてくれるから
信じられるから
めちゃくちゃ信用できるから
信じるの。



信じられない変わりに
逃げるの?
傷つけるの?
そんで、神様が「よし」って言うと思ってんの?

倍返しだよ。
ほんと、
気の毒。

やはり

やはり
世界王者だし
オリンピックチャンピオンだし
羽生結弦だし。



成るべくして成ったっつーか
だから成ったっつーか



すごいなぁ。




倍以上生きてますがね、

はにゅうゆづる って

尊敬するとこ多すぎて
ほんと ムカつく。
格好つけてるとは思えないのは
やはり有言実行からくる
確固たる信頼感
マジで本気で向き合ってるし
マジで本気で感謝してるんだと思うし
常に「みんなで」ってスタンスだし
時々くそ生意気で焦るけど
それは母心から。
くそ生意気なのは自信からじゃなく
着火材なんだよね
また1つ上をめざすための、ね。


ほんと、すみません、
羽生選手にたいして

まじ、かわいい
まじ、きゃわいい
まじ、きゃわわわわ



とか、ミーハーな気持ちで応援できんのです。
いや、言ってるけどね。

すげーや。
なんて男なんでしょうね、この人は。


稔先生になってしまう。





リスペクトばかりだよ。
時々いらん母心も湧き出るけど。
ほんと、尊敬。


世界で一番幸せにしてあげてください。




パガニーニ

これも今の羽生選手にやってほしい!
2010年 世界ジュニアでの
最後のスピン、、、
そっと腕を引き寄せる様が

ただ事ではない。


何かが
いや、あれは

「愛」?

女神様が優しく子供を抱き寄せるような

もうなんかわかんない
温かい何かが溢れてる
やっぱ、「愛」?


そして、幸せそうに笑う15歳。
もう


が・わ・い・いっ


たまんねーっすよ。
いや、あまりに美しくて
自虐的な感じで書き綴らんと
キモいポエマーになっちまうんで
勘弁してくだせー(涙)


某コマーシャルでこの曲が流れると
「愛」があふれでます。



で、なんだと?
高田馬場のリンクに羽生?
まだ日本にいるんかい?




はやくクリケットに帰したってーっ
なんの仕事だよ!
しかも一般客でごった返すリンクで
世界ランキング1位を

滑らすな~(;´д`)


でも子供さんとの集合写真は
飛びっきりの笑顔でしたし


いっか。ま、いっか。






いやいや、オータムクラッシックまで
あと1ヶ月ですぞ( ̄▽ ̄;)




やはり、はやくカナダに帰って。
もう充分なんで
解放したって~(T_T)

悲愴

頭のなかで鳴ってること多し。

ニースのロミオは殿堂いりとして
あのシーズンのSPの悲愴が
たまらなく好きです。
荒削りなのだけど、スピンの美しさと
激しい感情がぶつかり合って混ざりあって
青く深く悲しい海、、、
2011年の海、、、

時間を経て、あの海はどんなふうに
変わっているのかな。
プロになったら是非観たい
プログラムのひとつです。

左サイドMenu

プロフィール

su*

Author:su*
ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。